色っぽいツヤ感! 橋本マナミの美肌の秘訣と愛用スキンケアコスメ♡ 毎朝の青汁も紹介

女性らしい曲線の美ボディに、艶のある色っぽさが魅力の橋本マナミさん。グラビアアイドルや女優として活躍し、世の男性の多くを虜にしてきました。
最近では美容誌で自身の美容法を公開し、モデルとしても活躍中。男性だけでなく女性からの支持も集めています。

今回は、橋本マナミさんの美肌の秘訣や愛用スキンケアコスメに注目してリサーチしました。彼女のしっとりとしたツヤ肌の秘密を解明します♡


橋本マナミさんのプロフィール


– 1984年8月8日生まれ
– AB型
– 山形県出身

中学1年生の時に、全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し芸能界デビュー。16歳の頃にグラビアアイドルとして活動を開始しました。
やわらかで女性らしいボディと大人びたセクシーな魅力で話題となり、「国民の愛人」や「愛人にしたい女性タレントNO.1」などのキャッチフレーズで呼ばれブレイク。現在はグラビアの他に女優業もこなし、映画やドラマ、バラエティ番組に出演するなど幅広く活躍しています。

美肌の秘訣は地道なスキンケアの積み重ね


2019年11月に電撃結婚を発表した橋本マナミさん。結婚してその美しさにますます磨きがかかっていると注目が集まっています。
しかし女優業にテレビ出演に雑誌取材にと、日々の生活は多忙を極めているはずの彼女。生活も不規則になりがちな毎日の中で、どのようにしてツヤのあるキレイな肌を維持しているのでしょうか?

そこにはまさに「美肌は一日にして成らず」を体現する、毎日のスキンケアへのこだわりがありました。まずは彼女の美肌の秘訣をご紹介します。

化粧水は最低3回重ねづけ


しっとりとなめらかな質感に見えるマナミさんの美肌ですが、もともとはものすごい乾燥肌だそうです。乾燥がひどいときは、仕上げのフェイスパウダーがはたけないほどカラカラになってしまうとか。

そこで彼女が徹底しているのは、肌にたっぷりとうるおいを与えること。化粧水は肌がしっかりと潤うまで最低3回は重ねづけ、シートマスクはほぼ毎日使用されているそうです。

ちなみにスキンケアに使用するアイテムは、高級なものよりお手頃価格のアイテムを惜しみなく使うのがマナミさんのスタイル。高くてもケチケチと少ない量を使うより、遠慮なくたっぷりとした量を毎日使うほうが、結果を実感できるそうです。

メイク直しと水分補給はセットで行う

ひどい乾燥肌だというマナミさんは、メイク直しの際に肌への水分補給を一緒に行うそうです。マナミさん流のメイク直しのやり方は、水分を含ませたスポンジに少量のリキッドファンデをつけ、メイクを直したい部分に叩き込むというもの。肌への水分補給もでき、ファンデの厚塗りも防げることから、このテクニックを使っているそうです。

さらに乾燥がひどいときは、メイクの上からシートマスクをして、肌に水分と栄養補給を行います。シートをはずした後は、メイクが崩れている部分を通常のメイク直しと同じように水分を含ませたスポンジとファンデで直せばOK。
メイク直しの際に水分補給を行うことで、乾燥によるメイク崩れを防ぎ、1日中乾き知らずな肌を目指せます。

毎朝1杯の青汁でインナーケア


マナミさんの毎朝のルーティンは1杯の青汁を飲むこと。もともと野菜が苦手なことに加え、仕事柄お弁当や外食が続くことが多く、野菜が不足しがちな食生活のバランスをとるために飲み始めたそうです。
そのおかげで肌の乾燥やくすみにも効果を感じるようになり、インナーケアの大切さを痛感したそう!それからはもう数年、毎朝の青汁を習慣としているそうです。

インナーケアの大切さを痛感してからは苦手だった野菜もたくさん食べるようになり、忙しいときはサラダ専門店を利用するなど、工夫しながら野菜を食べることを意識しているそう。体に入れるものを変えると、より美肌に近づけるのかもしれませんね。

就寝前のバスタイムで良質な睡眠をとる


マナミさんは美容雑誌「VoCE」のインタビューで「良質な睡眠に勝る美容法はない」と答えており、忙しい毎日の中でもできるだけゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間にベッドに入り、7~8時間は睡眠時間を確保するように心がけているそうです。

睡眠の質を上げるためにマナミさんが大事にしているのは、必ず寝る前にお風呂に入ること。仕事から帰ってきてその日のうちにお風呂に入るようになってから、疲れの取れ具合が全く違うそう!

お風呂は毎晩42℃の温度で30~40分は半身浴。お気に入りのバスソルトを入れてさらにリラックスできる時間になるよう工夫しています。お風呂上りには白湯を飲んで、体の中からもぽかぽかに。目標は、湯たんぽのような女性だそうです。


橋本マナミさんの愛用スキンケアコスメ&愛飲中の青汁を紹介


ここからは、橋本マナミさんが雑誌の取材やSNSで紹介していた愛用スキンケアアイテムをご紹介します。

SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス 【instagramで紹介】


SK-Ⅱのキャンペーンに参加したことから愛用しはじめたという化粧水。そのキャンペーン内容は1ヵ月間こちらの化粧水でスキンケアをするというもの。日に日に肌の透明感が増してみずみずしい肌になっていくのを実感したため、キャンペーン後も使い続けることを決めたそうです。

SK-Ⅱを代表するベストセラー化粧水。独自の天然由来成分「ピテラ」を贅沢に配合し、肌本来の健やかさを引き出すことで様々な肌悩みにアプローチします。
マナミさんはメイク前や運動後にこちらの化粧水でコットンパックをするそう。とても肌が潤うのでお気に入りだそうです。

マッコイ ノンFモンスター 【instagramで紹介】


橋本マナミさんが雑誌「美的」でも紹介した、美容ケアにかかせないという痩身ジェルクリーム。マナミさんはバスト以外の全身に塗って使用しているそうです。

体のミネラルバランスを整えながら代謝を上げることでセルライトの分解を促し、瘦せやすく太りにくい体になるようサポートしてくれます。汗をかきやすくなりデトックス効果も期待できるため、運動前に使用するのもオススメです。

オルビス リンクルホワイトエッセンス【美ST ONLINEで紹介】

橋本マナミさんが雑誌「美ST」にて「私の最愛ベストコスメ」のひとつに選んだ薬用美容液。シワの改善と未来のシミ予防に同時にアプローチしながら、透明感のある明るい肌へと整えてくれます。

こちらの美容液は部分使いだけでなく顔全体にも使用できるため、自分では気がつかないシワやシミのケアが可能に。マナミさんは忙しいときにもサッと塗れて、楽にケアができるところがお気に入りで、愛用中だそうです。

ポーラ B.A グランラグゼⅢ 【美ST ONLINEで紹介】

美容液と乳液のダブルの機能を持ち、脳科学から発想を得て作られた新次元のスキンケアアイテム。こちらのアイテムも雑誌「美ST」にて、橋本マナミさんが「私の最愛ベストコスメ」のひとつに選んでいます。

好奇心を感じたときに分泌される脳メッセージ物質を利用し、肌弾力を高めることでハリのある肌へと導きます
かなり高価なアイテムですが、つけた次の日に即効性を実感できるそう。撮影や特別な日の前にお守り代わりに使用しているそうです。

コーセー クリアターン ホワイトマスク(ヒアルロン酸) 【VoCEで紹介】

マナミさんがデイリーケアの必需品にしているシートマスク。プチプラでコスパも良く、毎日のスキンケアに遠慮なく使えるアイテムです。

保湿成分であるヒアルロン酸やプロビタミンB5を配合した濃潤美容液が肌にじっくりと浸透し、みずみずしくしっとりとした肌へ整えます
シートの素材は肌への刺激が少なく密着性に優れたベンリーゼを使用。ふっくらと厚手のシートで肌あたりがやわらかく、やさしい使い心地。

ファンケル 1日分のケール青汁 【VoCEで紹介】

橋本マナミさんが1日に1杯は必ず飲むというファンケルの青汁。契約農家で育てられた国産ケールを使用した青汁で、1杯に1日分の緑黄色野菜量に値する栄養がギュッと詰まっています。

マナミさんは、青汁を飲むことを習慣にしてから肌のトーンが上がってきたのを実感しているそうです!こちらの青汁はファンケル独自の製法により苦みを抑えて作られていますが、マナミさんからするとかなり苦く感じるそう。苦みが苦手な方は、ヨーグルトや豆乳に混ぜて摂る方法がオススメです。

コツコツ美容が未来の自信をつくる


今では芸能界に入り美しく輝くマナミさんですが、実はもともと内気な性格だったそう。しかし美容に興味を持ち、自分がキレイになっていくのを見て自信がつくことで、奥手だった性格も変わったそうです。

ジムでトレーニングをしたり、休みの日は一日美容に捧げるというストイックなマナミさんですが、今回は彼女の美容法の中でもすぐに実践しやすいものをピックアップしてご紹介しました。
何かピン!とくるものがひとつでもあったら、ぜひ毎日のスキンケアに取り入れてみてください。毎日少しずつキレイを積み重ねて、マナミさんのような色っぽ美肌を目指しましょう