50代で白髪なし!?君島十和子の愛用ヘアケア&シャンプー。美髪の秘密を大公開

5 min
君島十和子

美容界のレジェンドと称される君島十和子さん。年齢を重ねるほどにますます輝いていく彼女の美しさには、誰もが憧れるはず。

今回は君島十和子さんの美髪にフォーカスし、毎日のヘアケア法や愛用アイテムについてリサーチしました。50代にして白髪はほとんど生えてこないという艶やかなロングヘアを、どのようにキープされているのでしょうか?君島十和子さんから美しい髪の秘訣を学びましょう。


君島十和子さんのプロフィール

君島十和子さんは1966年5月30日生まれ、東京都出身です。学生の頃から雑誌のモデルとして活動し、女優として芸能界デビューを果たします。その後結婚を機に引退し、現在は美容家として活躍されています。

自身の著書やメディアなどで、独自の美容法や美しくなるためのマインドを惜しみなく発信されており、「美のカリスマ」として多くの女性に勇気や希望を与える存在です。また十和子ブランドの化粧品「FTC」を開発。ブランドのプロデュースも行い、実業家としても知られています。

美しい髪の秘訣は健やかな頭皮環境にあり

20代の頃から現在まで、艶やかなロングヘアを維持されている君島十和子さん。「髪がキレイだと10歳は若く見える」とも言われていますが、彼女がいつまでも若々しく見えるのは、美しい肌に加えて、豊かな髪のおかげもあるかもしれません。

君島十和子さんが美髪を保つために大切にされているのは頭皮のケアです。髪自体のケアの他に、美しい髪が育つ土台を健やかに整えてあげると、毛量や髪質にまで変化が起こるそうです!
まずは十和子さんが毎日実践されている、美髪のための習慣を4つご紹介します。

ブラッシングで頭皮の血流をアップ


十和子さんが毎日欠かさず日課としているのが、頭皮と髪のブラッシングです。頭皮の血流を促進するために朝と晩、それぞれ約50回を目安にブラッシングしているそうです。その他、シャンプー前にも髪の絡まりや汚れを落とすためにブラッシングを行っているそうです。ブラッシングすることで髪を洗うときに洗いやすくなり、頭皮と髪へのダメージを軽減することができます。

十和子さん流のブラッシング方法は、後頭部から頭頂へ向かって、頭皮のたるみを元に戻すように行います。髪の表面のツヤを出すためというより、頭皮をマッサージするようにブラッシングすることがポイントです。頭皮の血行が促進されることで全身の血の巡りが良くなり、髪だけではなく肌の調子もアップします。

気付いたときに頭皮マッサージをする


十和子さんが頭皮ケアの中でも最もこだわっているのは、頭皮の血流を促すことです。そのためブラッシングのほかに、毎日頭皮のマッサージをして、頭皮の凝りを予防しているそうです。

マッサージの仕方は、耳の周りや頭のハチ部分を、指の腹で圧をかけながら頭皮を引き上げるようにほぐしていきます。次に頭頂から頭の丸みに沿って、こめかみ部分に向かいプッシュしていきます。このとき人差し指の第2関節を使うと、ツボに入りやすくなります。

血流が良ければ、栄養分や水分が毛根までしっかりと届きます。健康的な毛根は髪の毛をしっかりとホールドしてくれるので、抜け毛を防ぎ、美しい髪が育つのをサポートしてくれるのです。

十和子さんは頭皮の血流促進を意識するようになってから、白髪がほとんど生えてこなくなったそうです。また頭皮と顔の皮膚は繋がっているので、顔のリフトアップ効果もあるそう!

頭皮も保湿ケアをかかさない


頭皮も、肌と同じく保湿が大切です。十和子さんは50代になってから、頭皮の乾燥をより感じるようになり、頭皮の保湿ケアは必ず行っているそうです。

特に乾燥しやすいシャンプー後は、スカルプエッセンスを使用し、頭皮にたっぷりと水分を与えます。洗いっぱなしのままだと乾燥が進み、頭皮を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されてしまうことも。余分な皮脂を抑えることで髪が立ち上がり、ボリュームが生まれ、若々しく見える効果も期待できます。

頭皮のダメージを減らす工夫をする


十和子さんが頭皮の血行促進や保湿の他に意識されていることは、頭皮に対するダメージを極力減らすように工夫することです。例えば髪のカラーリングは、頭皮へのダメージを軽減するため、1か月以上あけて5~6週間に一度にしているそうです。

その他に、髪を洗うときはトリートメントが地肌に残らないようにしっかりと洗い流すこと。洗った後はなるべく早めに髪と頭皮を乾かします。濡れたまま放置してしまうと、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなってしまい、フケやトラブルの原因になることも。

また吸水タオルを利用して、髪と頭皮の水分をしっかりと取り、ドライヤーを当てる時間を少なくしているそうです。
どれもちょっとした工夫ですが、少しずつ積み重ねていくことで、頭皮へのダメージを大きく軽減することができます。


君島十和子さん愛用ヘアケアアイテムとサプリメント

君島十和子さんがメディアで公開されていた、愛用中のヘアケアアイテムとサプリメントを6つご紹介します。

1.FTC スパラメラシャンプー RB 【MAQUIA ONLINEで紹介】

君島十和子さんプロデュースのスキンケアブランド「FTC」より発売の、頭皮ケアに着目したシャンプーです。洗うたびに地肌の余分な皮脂や角質を優しくピーリングし、頭皮にうるおいを与えます。また頭皮と同じ弱酸性である11種類のアミノ酸を配合。艶やかでコシのある髪が育つ、頭皮環境作りをサポートします。

十和子さん流のシャンプーのやり方は、頭皮を揉みほぐすようにマッサージしながら洗います。爪を立てないように指の腹を使って洗うのがポイントです。

2.アッカカッパ ヘアブラシ プロテクション 946 【MAQUIA ONLINEで紹介】

十和子さんがブラッシングに愛用している、イタリア製のヘアブラシです。こちらのブラシは、クッション部分に独自の形状をした天然ゴムを使用しており、圧力を吸収することで頭皮にマッサージ効果を与えることができます。

またブラシ部分がループ状になっているため、地肌を痛めにくく、空気を含みながらふわりと髪をほぐすことができます。ブラッシングしながら頭皮のマッサージもできる一石二鳥なヘアブラシです。

3.ウカ ヘアオイルミスト オンザビーチ 【MAQUIA ONLINEで紹介

髪に油分と水分をバランス良く補給できるオイルミストです。オイルとミストが2層式になっているため、しっとりするのに軽やかな使用感。髪と同じアミノ酸やビタミンを豊富に含むアサイーオイルやモリンガオイルを配合し、紫外線ダメージから髪を守りナチュラルな美髪へと導きます。

十和子さんは髪をブローするときに、ツヤ出しに使用しているそうです。甘さの中にすっきりとしたミントをプラスした、爽やかなバニラ調の香りもお気に入りだそうです。

4.リュミエリーナ レプロナイザー 4D Plus 【美ST ONLINEで紹介】

新発想の技術を搭載した十和子さんお気に入りのヘアドライヤーです。リュミエリーナが開発した独自技術、バイオプログラミングを搭載。

「ドライヤーは髪にダメージを与えるもの」という今までの考えを塗り替え、髪への負担を軽減し、使うほどにツヤやまとまりを与えます。風量もたっぷりとあるため乾かすスピードをアップでき、時短美容にも。

十和子さんのご主人はヘア家電マニアだそうで、ご自宅には様々な種類のドライヤーが置いてあるそう。その中でも十和子さんが愛用されているのがこちらのドライヤー。

髪を乾燥させた後の手触りやツヤの出方など、様々な製品と比較した中でもトータルでお気に入りだそうです。

5.リュミエリーナ ヘアビューロン 4D Plus 【美ST ONLINEで紹介】

新発想の技術を搭載した十和子さん愛用中のヘアアイロンです。リュミエリーナが開発した独自技術、バイオプログラミングを搭載。髪への負担を抑えることで、髪を巻いたときに出る硬さを軽減。ツヤのあるさらさらとした柔らかなカールに仕上がります。

十和子さんは、髪を巻いた後に出るツヤの出方やカールの持ちの良さを気に入り、こちらのヘアアイロンを愛用しているそうです。

残念ながら、十和子さんは愛用されているアイロンの太さまではご紹介されていませんでした。なりたいヘアスタイルによって変わってきますが、巻きやすさでいうとショートヘアからボブの方はSタイプ、セミロングからロングヘアの方はLタイプがオススメです。

6.FTC ホワイト チャージ 【家庭画報.comで紹介】

君島十和子さんプロデュースのスキンケアブランド「FTC」より発売の、腸と毛細血管のはたらきに着目した美容サプリメントです。

体のはたらきを助ける植物由来のヒハツエキスと、腸に届きやすいスマート乳酸菌を配合。内側から輝く健やかな美をサポートします。十和子さんはこちらのサプリメントで、体の内側からも、肌や髪の健康をサポートしているそうです。

美しい髪は自信と魅力をつくる

十和子さんは著書「十和子道」で次のように書かれています。

「一、髪 二、肌 三、器量。髪は顔の一部です。美髪は容姿も肌もカバーします。だから輝く美髪をつくるのです。」

髪は女の命とも言われていますが、それほどまでに美しい髪は女性を魅力的にし、内側からの自信を作ってくれるのです。

50代になった現在でも美髪を維持されている十和子さんですが、その秘訣は毎日の丁寧なケアの積み重ねでした。「もうこんな年齢だから」とあきらめず、今日できる小さなことから始めてみませんか?
十和子さんのように輝く美髪を手に入れて、新しい自分の魅力に出会いましょう!

スポンサーリンク
カテゴリー:
タグ:
関連記事