【Matt化だけじゃない!】すっぴんは超美肌!Mattの美意識高めなスキンケア術と愛用化粧品を大公開!

Mattさんといえば、スマートフォンで撮った画像をまるでフランス人形やマネキンのように変化させる「Matt化」と呼ばれる写真加工で有名ですよね。
しかし、Mattさんは「Matt化」だけに頼っているわけではなく、実物のお肌がとってもキレイなんです。
男性でありながら白く美しい肌を持つMattさんの、気になるスキンケア方法についてご紹介します。


美容業界も注目するMattさんの魅力


2019年VOCE BEST COSMETICS AWARDSの特別賞を受賞。Mattさんの美意識の高さに、女性を対象とする美容業界も大注目した年となりました。
性別を問わず、ただ美しくありたいと思うMattさんの生き方はとっても魅力的で、美肌の参考になると女性たちの間で話題となっています。

すっぴんは超美肌


SNSでは、Matt化しなくても十分すぎるくらい美しいすっぴんを公開していて、Mattさんの美しさがメイクだけで作られているだけではないと証明されています。
基礎化粧品は長く同じものを愛用していて、その他の美容液などは色々なものにチャレンジし、その時々の自分の肌にあったのものをしっかりと選ぶ工夫をされています。

Mattさんの美意識高めなスキンケア方法とは?


Mattさんが実践している美意識の高いスキンケア方法をご紹介します。
お手入れに少し時間はかかりますが、決してできない方法ではなく実践してみる価値があるので、ぜひ参考にしてみてください。

毎日徹底としたスキンケアのルーティン


Mattさんが毎日徹底して行っているスキンケアの順番はこちら

1.アスタキサンチンジェル
2.導入美容液
3.化粧水(3スキン法)
4.美容液
5.フェイスマスク
6.クリーム

1のアスタキサンチンジェルは、Mattさんが通院している『しのぶ皮膚科』で取り扱っている商品だそうです。
化粧水前にしっかりと導入美容液をいれることがポイントなのだそう。美容液とフェイスマスクで肌のすみずみまで栄養を与え、最後はクリームで肌に蓋をするという、美肌に徹底したルーティンを毎日行っています。

化粧水は3スキン法


Mattさんは韓国の定番のスキンケア方法である3スキン法を取り入れています。

3スキン方法の手順

1.化粧水で肌の汚れを落とす
コットンに化粧水を沁み込ませて、優しく肌を拭き取ります。こうすることで肌についたホコリなどを取り除くことができます。

2.化粧水を手に取り、肌になじませる
2スキン目は、肌にしっかりと化粧水をいきわたらせるように手を使ってなじませます。
エッセンスをなじませるように、優しくのせていきましょう。

3.さらに水分を浸透させる
3スキン目は、2スキン目と同様に化粧水を手でなじませ、仕上げの保湿という意味で化粧水を十分に浸透させます。

7回化粧水を塗るという「7スキン法」というのもあるので、3スキン法なら無理なく始めれそうですね。

酒粕パックで白肌キープ


Mattさんは、2~3日に一回は酒粕パックを行い、肌のくすみをとっているそうです。
使用法方は、洗顔後に顔の水気を取り、サクランボ大の酒粕パックを顔や首にしっかりと塗り、5~10分ほどおいて流します。
ちなみに、Mattさんは15分おいているのだとか。顔や首だけではなく、全身にパックをすることもあるそうです。

好きな人と好きな食事を


生きる上で食事の時間が一番大事だというMattさん
好きな食事を好きな人と食べれることに、日々感謝しているそうです。
会話を楽しみながら食事をすると、噛むことが自然とゆっくりとなるため消化吸収が上がります。
消化吸収が良くなれば、体に蓄えれる栄養素も増やすことができるのです。美しい肌を作り出すには、楽しみながら食べることも重要と言えますね。

ヨガで肌も心も美しく


多忙を極めるMattさんですが、仕事の合間を見てはヨガでリフレッシュしているそうです。
健康な肌を作るためだけではなく、心の浄化も目的としています。気持ちの向上も、美肌作りには欠かせない要素となっているようですね。


Mattさんの愛用化粧品&スキンケアアイテム

1.ビオレのうるおいクレンジングリキット


Mattさんが5年ほど前からずっと愛用しているクレンジングが、ビオレのうるおいクレンジングリキット
水ベースなのでぬるつかず、オイルクレンジングのようにしっかりと落とす事ができるという優れもの。
肌の汚れを落すという事に重点を置いているMattさんが、このクレンジングの優れた洗浄能力を高く評価しています。
また、美容液成分が40%も配合されているため、クレンジング後の肌がつっぱりにくくなっているのも嬉しい効果となっています。価格もお手頃なところが嬉しいですね。


【出典:Instagram】

2.ランコム ジェニフィックアドバンスト


化粧水前にMattさんが必ず行うのが、導入美容液をつけること。Mattさんが導入美容液として愛用しているのがランコムのジェニフィックアドバンスト
この商品が着目しているのは、肌に住み着くという美肌菌
美肌菌は、肌のバリア機能を強化し自己回復に重要な役割を果たしていますが、加齢やストレスで減少してしまうというもの。そんな美肌菌の回復を促す目的で開発されたジェニフィックアドバンストは、美肌菌の栄養素となる成分を多く配合し、失われた肌バリア機能を強化してくれるのです。
ひどい乾燥肌が改善したり、くすみのあった肌に透明感が復活するなど、美肌菌回復による嬉しい効果が報告されています。


【出典:Instagram】

3.菊正宗 日本酒の化粧水


Mattさんが愛用し続けている化粧水が、菊正宗の日本酒の化粧水です。
日本を代表する酒造メーカーが作ったこの化粧水には、なんと一升瓶(1800ml)分のアミノ酸成分が濃縮配合されているのだそう。日本酒には、アミノ酸だけではなく、アルブチン、プラセンタエキスなども配合され、この化粧水だけで肌に必要な多くの栄養成分を取り入れることができます。また、セラミドも配合されているため、着け心地はとってもしっとり。
3スキン法など、化粧水をたっぷりスキンケアをするには、コストパフォーマンスが良い化粧水が理想ですね。

【出典:ブログで紹介】

⒋ルルルン プレシャスWHITE フェイスマスク


Mattさんは朝晩のスキンケアに必ずフェイスマスクを使用しています。
シートの厚さにサイズ、美容液の沁み込み具合や容量など、全てにおいてルルルンのフェイスマスクがMattさんの理想に当てはまっているそうです。
朝は徹底ハリツヤタイプのプレシャスWHITEでパックし、夜は濃密保湿タイプのプレシャスREDでパックするなど、朝と夜でフェイスマスクの種類を使い分けています。
朝のプレシャスWHITEは、ビタミンC誘導体とデトキシホワイトが配合され、透明感あるハリツヤ肌に導いてくれます。

夜のプレシャスREDは、麴菌由来の白麹エキスや水生微生物から採取されたスイゼンジノリという保湿成分が配合され、肌に濃密な潤いを与えてくれます。

【出典:Instagram】

⒌イニスフリー グリーンティーシードディープクリーム


イニスフリーのグリーンティーシーシリーズでは、無農薬緑茶畑で7年以上育った茶樹からしか採取できない茶種を原材料に使用。
Mattさんはスキンケアの最後の保湿として、このグリーンティーシードディープクリームを使用しています。
貴重な緑茶成分を配合したクリームは、肌の水分量を引き上げ翌朝の肌をぷるぷるに導いてくれるそうです。化粧ノリがとっても良くなることから、Mattさんのお気に入りのアイテムとなっています。

【出典:Instagram】

⒍ワフードメイド 酒粕パック


Mattさんが2~3日に1回は行うという酒粕パック
独自の方法で抽出した酒粕エキスが透明な肌へと導きます。
キュウリ果実エキスと米セラミド、ユズ種子エキスなどの美容保湿成分を贅沢に配合し、肌に潤いを与えてくれます。
肌を潤いながら古くなった角質をしっかりと落としてくれるので、パックを洗い流した後は、透明感あるしっとり素肌に。
角質がたまったままでは、せっかく良い化粧水や美容液を使っても効果が半減してしまいます。肌のくすみが気になったり、メイクがのらないなどの悩みには、肌に負担のない植物由来の酒粕パックがオススメです。

【出典:Instagram】

まとめ!Mattさんの意識高めなスキンケア方法をとり入れて、素肌から美しく


Mattさんのスキンケア方法をご紹介しました。
Mattさんは高級化粧品ばかりを使用するのではなく、リーズナブルな価格の商品を多く愛用していました。
意識の高いスキンケア方法であれば、高級化粧品に頼らなくてもMattさんのような美肌を手に入れることができるのではないでしょうか。Mattさんならではのスキンケア方法をぜひ参考にしてみてくださいね。