ナチュラルな色気!佐田真由美の愛用コスメとメイク方法。ファンデからリップまで

4 min

子供の頃からモデルとして活動し、ファッション誌「ViVi」の専属モデルで一躍有名となった佐田真由美さん。女優としても活躍し、現在はジュエリーブランド「エナソルーナ」のトータルディレクターも務めています。

ナチュラルなのに、大人の色気も感じられる佐田真由美さんは、多くの女性が憧れる存在。今回は、佐田真由美さんが愛用しているコスメやメイク方法をご紹介します。


佐田真由美さん愛用のコスメ


20年以上モデルの仕事をしてきて、たどり着いたのが「すっぴん以上メイク未満」という佐田真由美さん。自分のモチベーションが上がる、フレッシュなメイク方法を研究し、肌の内側からツヤが出るように意識しながらメイクしているそう。そんな彼女が愛用するコスメをご紹介します。

美容液:ディオール カプチュールトータル ドリームスキン ケア&パーフェクト 【YouTubeで紹介】

ファンデーションがすごく苦手だという佐田真由美さんが、「ファンデーションを使わず、毛穴や凹凸をカバーしてくれる夢のようなコスメ!」と絶賛しているのは、ディオールの美容液です。スキンケアアイテムなのに、肌補正効果が高いのが最大の魅力。みずみずしいテクスチャーが肌のキメを整え、肌トーンを均一にし、輝きやブラー効果まで叶える美容液です。

両ほほと額にのせて、指先でタップしながらなじませていくのが佐田真由美さん流。目の周りはあえてつけずに、頬や鼻など毛穴が気になるところは、重ねづけをしていきます。美容液なのに肌トーンがアップするので、これだけでファンデーション並みの効果を感じられるのだそう。

下地:ディオール カプチュールドリームスキン モイストクッション 【YouTubeで紹介】

日焼けが心配な時は、上記で紹介したディオールの美容液の上から、カプチュールドリームスキンモイストクッションを重ねているそう。この商品は、スキンケア以上メイク未満の新感覚スキンケアクッション。SPF50/PA+++で、紫外線カット効果が高いのも魅力です。

佐田真由美さんは、色素に頼らずパールの煌めきで、透明感のある肌へ導く「#000」を愛用。色がつかず素肌っぽさを出せるところが、彼女のお気に入りポイント。メイク直しにも便利なコスメです。

▼ディオール 公式オンラインショップ
https://www.dior.com/

下地:プレステージ ホワイト ル プロテクター UVシアーグロー 【Instagramで紹介】

佐田真由美さんはディオールの化粧下地、プレステージホワイトも愛用しています。ディオール史上最強UVプロテクターで、紫外線や可視光線、微粒子の汚染物質から肌をガード。赤外線防止効果も搭載し、細胞レベルまで肌を守り抜く化粧下地です。

天然のローズライトピグメントを採用し、まるでストロボを当てたような、なめらかで明るい理想の肌へ導きます。塗った後にしっかりハンドプレスして、肌になじませるのが佐田真由美さん流。肌がピカピカになるので、ファンデーションなしでも大丈夫なんだそう。

▼ディオール 公式オンラインショップ
https://www.dior.com/

チーク:ベネフィット ベネティント 【YouTubeで紹介】

血色感を出すために佐田真由美さんが愛用しているのは、ローズウォーターの天然色素成分を原料とした、ベネフィットのリキッドチークです。透けるように色づき、内側からじゅわっとにじむような、血色感を出せるのがこのチークの特徴。

佐田真由美さんはこのチークを使って、お風呂上がりの”ほんのりほてった肌”を目指しているそう。メイクオフするまで、落ちないところもお気に入りポイントです。

ハイライト:m.m.m(ムー) スキングロウ 【YouTubeで紹介】

佐田真由美さんは、繊細なパールが上品な輝きを与える、ムーのスキングロウを愛用しています。肌に優しい、オーガニックカカオバターが潤いをキープしながら、内側から発光するような肌へ導きます。

ツヤを大事にしている佐田真由美さんは、このハイライトをベースメイクの仕上げに使用しています。指先にたっぷりとって、目尻のCライン・目の下・鼻先・顎先に、軽く叩き込みながらなじませるのが彼女流。

▼コスメキッチン 公式オンラインショップ

https://www.cosmekitchen-webstore.jp/

アイライナー:セザンヌ 極細アイライナー ブラウン 【YouTubeで紹介】

佐田真由美さんが愛用しているアイライナーは、細いラインも太いラインも自由自在に描ける、セザンヌの極細アイライナーです。高発色で、目元印象を際立たせることができるこのアイライナーは、ウォータープルーフ処方・フィルムタイプなので、水や汗に強いのにメイクオフしやすいのも魅力。

「アイラインを引いてる」というメイクにならないように、目尻から1/3くらいにだけ描くのが佐田真由美さんのメイクポイント。ブラウンのアイライナーで、まつ毛の隙間を埋めるように、ささっと描いているそうです。

リップ:ディオール アディクトリップグロスオイル 【YouTubeで紹介】

「使えば使うほど、唇がどんどんふっくらしていく!」と、佐田真由美さんが愛用しているのは、ディオールのアディクトリップグロスオイルです。このグロスは唇の水分量に反応して、自分だけの発色を出せるのが特徴。

チェリーオイル配合で、グロッシーな潤いを与えながら、ふっくらボリューミーなリップメイクを叶えます。唇の縦じわを感じさせない、オイルのぽってりとした質感で、透明度が高いツヤ感を演出します。


佐田真由美さんのメイク方法


ずっとノーメイクでいるとノーメイク顔になれて、一気にメイクが似合わなくなる…。そんな理由から自宅にいる時も、必要最低限のメイクをするように心がけているという佐田真由美さん。彼女のメイク方法を詳しく見ていきましょう。

佐田真由美さんのメイク方法①ハイライトでボリューミーな唇に


ふっくらとした唇が魅力的な、佐田真由美さんのリップメイクの秘密はハイライト!愛用コスメでもご紹介した、ムーのスキングロウを使うのがポイントです。ハイライトをリップブラシにとり、上唇の山の部分にややオーバーリップ気味にのせるだけでOK!リップペンシルなどでオーバーリップに描くよりも、ハイライトを使う方が自然に大きく見えるのだそう。

佐田真由美さんのメイク方法②黄色のペンシルアイライナーで涙袋を作る


佐田真由美さんは、目元に陰影ができて目が丸く大きく見えることから、涙袋を描いているそう。大人にも似合う涙袋の入れ方を研究した、彼女のメイクポイントは「黄色のペンシルアイライナーを使う」こと。描き方は4ステップ!

ステップ①下まぶたのキワ・目頭から目尻までを、黄色のペンシルアイライナーで薄く塗ります。
(黄色を使っているとバレない程度に、薄く薄く塗るのがポイント。)

ステップ②もっとぷっくりと見せたい時は、リップメイクでも使ったハイライトを、黒目の下の部分だけに重ねます。

ステップ③ブラウンのリキッドアイライナーで、黒目の下の部分だけに、細く短くラインを1本入れます。
(涙袋の下に影ができるように意識しながら)

ステップ④最後に綿棒で、ラインを軽く拭き取ってぼかします。

佐田真由美さんにようなナチュラル色っぽメイクを目指そう!


ハイライトで立体感のあるリップメイクを演出したり、黄色のアイライナーで涙袋を描いたり、自分に似合うメイクを研究してきた、佐田真由美さんだからこそのメイク術を知ることができました。ファンデーションを使わず、美容液や化粧下地だけでベースメイクを仕上げるのも、彼女ならでは。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事