無敵のパーフェクト美肌♡堀田茜の美肌の秘訣と愛用スキンケアコスメを大公開

4 min

女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルとして活躍中の堀田茜さん。最近ではドラマやバラエティ番組にも出演し、甘く可愛いルックスと親しみやすいチャーミングなキャラクターで人気を集めています。

過酷な海外ロケにも挑戦する彼女ですが、雑誌でもTVで見ても肌がキレイだと話題です。今回は堀田茜さんの美肌の秘密と、愛用スキンケアコスメについてリサーチしました。堀田さんから、どんな環境でも美肌を保つ秘訣を教わりましょう♡


堀田茜さんのプロフィール


堀田茜さんは1992年10月26日生まれ、東京都出身です。
2009年に全日本国民的美少女コンテスト本戦出場をきっかけに芸能活躍を開始。大学在学中に人気女性ファッション誌「CanCam」にモデルとして登場し、2014年には専属モデルとしてデビュー。読者からの高い人気を集め、「第2のエビちゃん誕生」と注目を集めます。

現在ではバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」に出演した際、過酷な海外ロケに体当りで挑戦する姿が話題に。モデル・女優・タレントとしてマルチに活躍中です。

過酷な環境でも美肌でいる秘訣


みずみずしくてツヤのある健康的な美肌を持つ堀田茜さん。その美肌っぷりは、専属モデルを務める雑誌のスタッフからも「パーフェクト美肌!」と絶賛されるほど。

しかし、モデル・女優・タレントと仕事の幅も広く、超多忙を極めるはずの彼女。実は極度の乾燥肌でもあり、小学生の頃からの悩みだとか。海外ロケでは過酷な環境下で過ごすこともある中で、どのようにしてその美肌をキープしているのでしょうか?まずは堀田茜さん流、美肌の秘訣を4つご紹介します。

1.化粧水にこだわる


堀田さんがスキンケアの中でも特にこだわっているのが化粧水です。化粧水にきちんとこだわると、その後の乳液や美容液の浸透がぐっと変わってくるそう。選び方にもこだわりがあり、必ず自分の肌で試してみて、浸透を実感できるものを選ぶそうです。中でも塗った後にベタつきがなく、さらっとした使用感のものがお気に入りだとか。

化粧水は肌にうるおいを与えることでキメを整え、次のステップになる美容液や乳液の浸透をアップする役割があります。自分の肌に合った化粧水を選ぶことで、そのあとのスキンケアの浸透が違ってきます。今までなんとなく化粧水を選んでいたという方は、この機会にぜひ見直してみてくださいね。

2.美容液の重ね塗りで徹底保湿


極度の乾燥肌が悩みという堀田さんが、常に意識しているのが徹底した保湿です。堀田さん流の保湿法は数種類の美容液を重ね塗りすること。それぞれ役割の違う美容液を順番に重ねて、環境の変化にも揺らがない肌をつくります。

堀田さんの美容液の重ね方は、まず洗顔後に美白美容液を塗り、次にブースター美容液を重ねます。このとき手のひらを使って、顔を包み込むようにやさしく浸透させるのがポイント。次に化粧水とビタミンC入り美容液をつけ、仕上げにクリームをあごの下、首元まで塗ってうるおいを閉じ込めます。最後に肌全体がうるおいで満たされたか、手のひらでチェック。

化粧水やクリームなどの基本ケアに加えて、肌悩みに合った美容液をプラスすることで、顔色が良くなり、ストレスが肌に出にくくなったそうです。

3.丁寧なクレンジング


美容液の肌への浸透をさらにアップさせるには、丁寧なクレンジングが不可欠。堀田さんもスキンケアのプロセスの中では、特に時間をかけて丁寧に行っているそうです。スチーマーをあてながら、毛穴の汚れがしっかり浮き出るようにクレンジングし、肌のキメを整えて美容液をつけるように心がけているとのこと。

せっかく美容成分たっぷりのクリームを使っていても、肌に汚れが残ったままだと十分に効果が発揮できなくなります。また落としきれなかったメイク汚れが蓄積すると、くすみや大人ニキビの原因になることも。まずは肌の汚れをきちんと落として、素肌を土台から整えましょう。

4.リラックスタイムでストレスケア


美肌をつくる中で、ストレスは一番の大敵です。多忙を極める堀田さんですが、意識的にリラックスタイムを作るようにして、ストレスを溜めないように工夫しているそうです。一日の中でもリラックスしやすい入浴タイムは特に大切にしており、好きな音楽を流す、アロマを焚くなどして、心身ともにリラックスできる時間にするそう。

堀田さんがリラックスタイムを充実させるために愛用しているのがアロマスティック。疲れを感じたときは手首に塗るほか、鼻の下に塗りマスクをつけて、香りが自分だけに広がるようにして癒されているそう。またロケ先など環境が変わったときに、自宅で使用している香りを嗅ぐと、自然と癒し効果があるとか。オン・オフを上手に切り替えることが、ストレスを溜めにくくする秘訣だそうです。


堀田茜さん愛用スキンケアコスメ6選


堀田茜さんが専属モデルを務める雑誌「CanCam」で公開されていた、愛用スキンケアコスメを6つご紹介します。美容法でご紹介した重ね塗りに使用している美容液を中心にピックアップしていますので、ぜひチェックしてみてください♡

1.アウェイク リテクスチュアライジング セラム

堀田さんが愛用中のふき取り美容液。古い角質をオフすることで、肌のくすみやざらつきを取り、次のスキンケアの浸透(角層まで)をサポートします。ナチュラル由来成分を90%以上配合した美容液でつくられているため、ふき取り後も乾燥しにくく、やわらかでしっとりした後肌に。

堀田さんは洗顔後にこちらのふき取り美容液を使用しています。コットンに含ませてふき取ると、肌の汚れが取れるのがわかるそうです。トーンアップできるのがお気に入りで、堀田さんの周りでも流行中だそう!

2.ルミキシル ブライトニング クリーム

美肌のヘア&メイクさんからおすすめされて愛用中だという、美白にフォーカスした美容液。堀田さんはこちらの美容液を使用するようになってから、毛穴が目立ちにくくなったそうです。

肌のメラニン生成に関わる酵素のはたらきを防ぐ「ルミキシル・ペプチド」を配合したドクターズコスメ。メラニンの生成を抑えることでしみ・そばかすを防ぎ、美白をサポートします。その他にルミキシルには、肌の柔軟性や栄養分を保つエモリエント効果があり、美白化粧品によくみられる使用後の肌のカサカサ感を軽減してくれます。

3.花王 ソフィーナiP ベースケアエッセンス

お手入れのファーストステップから整える土台美容液。炭酸を閉じ込めた濃厚でクリーミーな泡を肌にマッサージするように塗り広げるだけで、うるおいのあるもちもちとした肌へと整えてくれます。秘密は毛穴より小さいマイクロ炭酸泡。目に見えない小さな炭酸泡が角層最深部にすばやく浸透し、うるおいを与えてハリ・ツヤのある肌に。

堀田さんはこちらの美容液を使用すると、メイクのノリがよくなるので欠かせないアイテムだそう!

4.花王 ソフィーナ est ザ ローション

堀田さんが今まででいちばん感動したと絶賛する保水力に特化した化粧水。砂漠の過酷な環境下でも、自らの水分を逃さない極限環境生物が生み出す成分「エクトイン」を配合。その成分が角層細胞内にうるおいを抱え込ませ、肌自らがうるおい続ける保水力を高めます。

一年を通して肌の乾燥が気になる方や、乾燥によるテカリ・ベタつきにお悩みの方におすすめ。堀田さんは、たっぷりうるおうのにベタつかず、サラッとした理想の使用感もお気に入りだそうです。

5.グーダル ビタC ダークスポットセラム

美容大国と呼ばれる韓国で人気に火がつき、数々の美容口コミサイトで1位の受賞歴を持つビタミンセラムです。通常のみかんと比較すると、約10倍の天然ビタミンCを含むといわれる青みかんを70%配合。ビタミンCをたっぷりと含む美容液が、肌をみずみずしく保湿しながらメラニンの生成を抑え、くすみやシミ・ソバカスを防ぎます。

人気の理由のひとつはさっぱりとした軽い使用感。ビタミンC入りコスメに見られるベタベタ感や、ピリピリした刺激を抑えてつくられているため、デイリーに使用しやすくなっています。堀田さんは軽い使用感に加えて、柑橘系の爽やかな香りもお気に入りだそう。

goodal グーダル チョンギュル ビタC ダークスポット セラム (Green tangerine Vita C Dark Spot Serum) 30ml 韓国コスメ セラム 美容液 ビタミン くすみ シミ そばかす みかん 青いみかん

6.花王 est ザ クリームTR

堀田さんが使い始めてから2個目に突入したという、年齢に応じたスキンケアをサポートするエイジングケアクリーム。しっかりと肌にうるおいを与えてくれるところに加えて、貴重な月下香を使用したラグジュアリーな香りもお気に入りだそうです。

月下香の花びらが持つ、天然の保湿力に着目したクリーム。肌の見た目の印象を左右する肌表面の角層を集中的にケアし、うるおいで満たすことで、弾むようなハリ感を与えます。寝る前に使用すると、翌朝はしっとりもちもちの肌に!

丁寧なケアが美肌への近道


過酷な環境下でも、多忙なスケジュールでも、堀田さんが美肌を保つ秘訣は毎日の丁寧なスキンケアにありました。

化粧水やクリームなどの基本ケアに加えて、肌悩みに合った数種類の美容液をプラスすることも、堀田さんの美肌をつくるうえで欠かせないプロセスです。

自分の肌と向き合い丁寧にケアしてあげることに加えて、美容液などで底上げしてあげると、さらに理想の美肌に近づけるのかもしれませんね。

今一度毎日のスキンケアを見直して、どんな環境やストレスにも揺らがない無敵の美肌を手に入れましょう♡

関連記事