Amazonフレッシュ料金改定。値段は高いけど働く女性の味方と評判

Amazonフレッシュはアマゾンジャパンが展開する食材宅配サービスです。2017年、満を持して市場参入しました。

先日料金体系が改定され一度に4,000円以上の注文が必須となり、「相変わらずたけーな」という声もありますが、その利便性はすさまじく主婦や共働きの方の強い味方となっています。

生鮮食品など多ジャンルで即日宅配が可能

「Amazonフレッシュはなんだか良さげだけど…」

…だけど今のところ二の足を踏んでいるあなたに、その費用や価値についてもう少し詳しく解説しましょう。利用するか見送るかの判断材料にどうぞ。

Amazonフレッシュの改定後の料金体系

Amazonフレッシュの料金が下記のとおり改定されました。

Amazonフレッシュの料金改定

大きな変更点は3つです。

Amazonプライム会員もAmazonフレッシュを使えるように

料金改定の背景に、Amazonプライム会員制度の中にAmazonフレッシュを組み込んだことがあります。Amazonプライム会員であれば、Amazonフレッシュを無料で使えるようになりました。

Amazonプライム会員はAmazonの買い物が送料無料になったり、映画&ドラマや音楽配信が使い放題になったりと色々良いことがあるオトクな会員制度です。月額500円もしくは年額4,900円。

最低注文金額は4,000円以上

これまで最低注文金額がなかったAmazonフレッシュですが、4,000円以上でないと注文できないようになりました。

送料が500円から最大無料に引き下げ

一方で、配送料金は引き下げ。Amazonフレッシュ会員であれば500円の送料が今後は無料になります。また、新たにAmazonフレッシュを利用できるようになったAmazonプライム会員は390円で利用できます。

まとめると

  • Amazonフレッシュ会員:月額500円・送料無料
  • Amazonプライム会員:月額無料(プライム会員費別途500円)・送料390円(1万円以上のお買い物で無料)

両方とも最低注文金額が4,000円です。
月2回以上Amazonフレッシュを利用するなら、送料を考えてAmazonフレッシュ会員になったほうがオトクですね。

Amazonフレッシュの値段は高いか考えてみよう

Amazonフレッシュが果たして高いのか?それは普段の生鮮食品調達方法と比較するのが妥当でしょう。

スーパーで買うより商品単価は少し高め

あなたもスーパーで生鮮食品を購入されることがあるかと思いますので、お近くのスーパーと値段を比較してみてください。
Amazonフレッシュ

参考までに、このような値段感です。

レタス213円、にんじん400g169円、きゅうり3本158円、大根1本137円、なす3本191円、ブロッコリー1個213円、豚の細切れ250g299円…

※時期によって変動します。

いかがでしょう? 友人の東京都内在住の主婦は「モノによっては安いけど、全体的にちょっと高いよね」と言ってました。
確かに、卵10個131円、フィリピン産バナナ一房96円など、割安感のある食品も見受けられます。

ですが、実際は割高な野菜なども一緒に買ってしまうでしょうから、ならすと「Amazonフレッシュって安いね!」とはならないでしょう。

4,000円という最低注文金額の妥当性はどう?

今回の改定で4,000円の最低注文が必要になり、ある程度のまとめ買いを余儀なくされました。

2〜3日に一度スーパーに通う方も多いですが、生鮮食品の鮮度を考えると少なくとも週に1度の買い物サイクルを回したいところでしょう。
ということは、月に最低16,000円、Amazonフレッシュを利用することになります。

いかがでしょうか。
金額自体は「まあ、スーパーでもそれ以上使ってるからね」と友人の東京都在住の主婦は言ってましたが。

ちなみに総務省によれば、2.98人の世帯における食費は月平均73,977円。外食費・酒類を除くと58,592円です。その半分をAmazonフレッシュで調達した場合29,296円。週あたり計算で約7,324円と、4,000円の平均単価は軽く上回る計算ですね。

一人暮らしには少し重いか

単身生活ですと毎週4,000円を消費するのはやや重く、自炊の多い方であれば検討の余地アリといったところでしょうか。

日用品や洗剤、サプリメントなどもAmazonフレッシュでは購入できるので、生鮮食品以外も併せて調達するといいかもしれません。

使い方しだいで商品代金はほぼ変わらない水準で利用可能

実際の利用者数名から聞き取り調査をするとともにネット上の口コミ・ブロガーさんの評価を拝見したところ、

  • スーパーと比べて1〜2割高い商品は多い
  • モノによってはむしろ安い商品ジャンルもある
  • 半額セールなどを積極利用すると良い

特にAmazonではセールが頻繁に開催されているので賢く使えばかなりオトクに日々の生鮮食品を調達できます。

Am
セールの例

結果として、スーパーを利用していた頃と比べてほぼ同じ水準で利用している方が多いと判明しました。

多大なるAmazonフレッシュのメリット

使い方しだいでスーパーとほぼ同じ水準の値段感で利用できるAmazonフレッシュ。そのメリットについても触れておきましょう。

8時〜24時の間で好きな時間に届けてくれる

実際に聞き取りをしてみると便利でやめられないとの声も多く、その最大の理由は柔軟なお届け日時の設定です。

朝8時から夜24時まで2時間おきの設定で配送可能です。仕事終わりでも飲み会終わりでも受け取れますから、共働きの方にとってはありがたいことこの上ありません。生協など大概の配送サービスでは難しい、柔軟な配送時間設定です。

最速で当日に届けてくれる点も見逃せません。「卵が切れそうなのに気が付かなかった」そんな時もスマホですぐに注文できますね。

商品の鮮度が良く、品質管理も丁寧

Amazonフレッシュの品質管理は想像以上にしっかりしていて、その名に恥じない鮮度を保って届けてくれます。

すべての生産者と加工現場をAmazonの品質管理チームが監督しており、すべて立入検査をしているとのこと。産直系の食材宅配サービスレベルかはともかく、少なくとも変なものを使っていないとは言えそうです。

生産者の見える化にこだわり

また、流通時の品質管理はもとよりAmazonの得意技。入荷時・保管時・出荷時にすべて人の目によるチェックを行っており、温度管理は商品ごとに変えており、生鮮食品の最適な状態が保つことができているようです。

流通での鮮度維持

年間研究開発費が2兆円超えのAmazonとしてはこのくらいは当然なのかもしれません。

20%オフ、50%オフ等の割引セール

Amazonフレッシュでは高頻度でセールが開催されており、20%オフは当然として大規模セール時には50%の商品も登場します。

スーパーのタイムセールをスマホで見られる感覚で、Amazonフレッシュのヘビーユーザーは欠かさず利用しているようです。

Amazonフレッシュのセール

価格はともかく利便性のメリットが大きい

まとめると、値段は安くはないけど言うほど高くもなく、注文が簡単で配送が便利!とにかく楽!時間節約!といったポイントになるかと思います。

またOisixや石井大一商店を始めとした大手の食材宅配サービスとも提携しており、モノにこだわる方は選び分けが可能です。

Amazonフレッシュが提携する専門サービス
Amazonフレッシュが提携する専門サービス

まずは試してみてから考えよう

手放せないサービスになっている人も多いAmazonフレッシュですが、生活スタイルや食の好みによって合う合わないは出てきます。

Amazonフレッシュははじめの30日間は無料でお試しできます。 ひとまず試してみて、合わないと思ったらキャンセルするのが良いかと思います。

今なら3,000円分のクーポンもついてくるのでオトクになっていますね。

Amazonフレッシュクーポン

30日間のお試しはこちらです。
Amazonフレッシュ